大容量ファイルでメールを管理【安心して利用できる】

電子決裁システムの機能

パソコン操作

導入しやすいシステムを

申請書や稟議書・報告書といった社内文書は決裁するのに時間がかかり、遠隔地にある支社・支店の間では決裁に数日を要する例も少なくありませんでした。現在では多くの企業がワークフローシステムを導入しており、承認手続きを電子化することで決裁のスピード化を実現しています。ワークフローシステムは業務効率改善だけでなく内部統制を強化する上でも欠かせませんが、各ITベンダーからリリースされているシステムは料金体系もサービス内容も多種多様です。企業がワークフローシステムを導入するに当たってはそれらの製品を事前に比較検討し、自社の業務に適したシステムを選ぶ必要があります。ワークフローシステムを選ぶ際の決め手となる要素の1つとして、料金体系は最初にチェックしたい重要なポイントです。ワークフローシステムにはソフトウェアをインストールするオンプレミス型の他に、インストール不要でOSプラットフォームを問わずに利用できるクラウド型の2種類があります。特にクラウド型は初期費用が不要な例が多く、導入コストが低く抑えられる点で最近の主流となりつつある方式です。大半のワークフローシステムはユーザー単価が設定されていますので、料金体系も比較しやすくなっています。ワークフローシステムの比較ポイントはそうした料金面だけでなく、使いやすさと直結する機能面にも及びます。申請書や報告書を電子化するに当たっては、使い慣れた表計算ソフトなどのオフィスソフトで文書を設計できる方が使い勝手も良いものです。最近ではスマートフォンからの申請・決裁が可能なワークフローシステムが多くの企業で人気を集めています。このような機能はユーザー単価にも比例してくるため、料金と機能のバランスが取れたワークフローシステムを見抜く情報力が欠かせません。以上の点を踏まえながら数あるワークフローシステムを比較した上で導入すれば、業務フローが高速化されるのです。