大容量ファイルでメールを管理【安心して利用できる】

ファイル授受

ファイル

サーバ経由での授受

メールでファイルを添付して送付する場合、大容量ファイルでは送信することができない。通常、メールでは添付ファイルの容量制限があり、一定のサイズを超えたファイルを添付することができない。仮に添付でき送信できた場合においても、相手先のサーバーで制限が設定されていることがあり、この場合相手のアドレスに到着する前にエラーとしてはじかれる恐れもある。このような大容量ファイルをメール送信する場合には、大きく分けて2つのサービス利用がある。1つは、ファイルを特定サイトにアップロードし、そのアップロード先のURLをメールで相手に伝えるものである。この場合、相手は送られてきたURLからサイトアクセスしファイルを受け取ることができる。サイト経由でファイルをやり取りするため、大容量ファイルでも授受することができる。ただし、サイトにアップロードできるファイルサイズに容量制限があるケースもあるため、その点を確認したうえでサービス利用が必要である。もう1つのサービスとしてあるのが、共有ドライブの活用である。共有ドライブでも同じように、特定のサイトにファイルをアップロードすることで授受するサービスになる。共有ドライブのサービスでは、1回あたりのファイルサイズに制限はなく、全体で使用容量が決まっているものになる。通常は数十ギガなど非常に大きな領域を利用できるため、大容量ファイルでもサイズを気にすることなく授受が可能になる。